TOP活動内容>児童養護施設支援

 
​児童養護施設支援の想いときっかけ

 

「出来ることから始めよう」という想いで、2005年秋より、京都市内のある児童養護施設の子どもたちと従業員との交流が始まりました。

楽しい想い出は、成長の過程のなかで心の支えになると考え、遊園地への遠足やボーリング、運動会やクリスマス会など季節ごとの交流を通じて、コミュニケーションを深めています。

その交流の輪は、今では京都市5園、丹波市1園に拡がっています。
 

また、豊かな心を育み、一人でも多くの子どもたちが夢に向かって歩めるよう、応援しています
そして、いつか社会に一人立ちする子どもたちが
このような取り組みを継承し、次代に繋げてくれることを心から願っています。

※このわかさ生活の取り組みは、2016年11月より、角谷建耀知財団との協同事業として継承しています。

詳しくはこちら

​【今までの交流活動】

2006年5月 遊園地への春の遠足♪

2014年11月 大人気のテーマパークで♪

2017年7月 農業にチャレンジ体験♪

2014年4月 一生懸命に女子プロ野球の応援!

2016年11月 秋の丹波で収穫体験♪

​2017年11月 5園合同で秋の遠足♪

iso9001
新_Pマーク.jpg
img_jdma.png

公益社団法人日本通信販売協会会員
公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
関西日本・フィンランド協会会員
日本ブルガリア協会法人会員