TOP活動内容>障がい者スポーツ支援

●障がい者スポーツ支援への想いときっかけ

​スポンサーの不在から存続が危ぶまれていた「視覚障がい者京都マラソン大会」に2004年から12年間特別協賛を継続。

現在は「障がいの有無にかかわらず、誰もがスポーツを楽しめる場を提供したい」「次代を担う子どもたちに障がい者の理解を深め、豊かな心を育んでもらいたい」という想いのもと、一般財団法人 角谷建耀知財団とともに、誰もがスポーツを楽しめる環境づくりに取り組んでいます。

​●更新情報
第4回 京都ふれeyeブラインドマラソン.jpg

過去の実績