​TOP活動内容>被災者支援

 
被災者支援への想い.jpg
 

2019.11.14

2019年台風19号復興プロジェクト

台風19号の被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げますとともに、1日も早い復旧をお祈り申し上げます。

11月13日、台風の被害に加え、大雨での二次災害があった宮城県伊具郡丸森町へ直接、支援物資をお届けに行きました。

※ 写真の支援物資はわかさ生活のお客様より
「地元のために、私たちも何かお手伝いしたい!!」と持ち寄っていただいた物でした。


(こちらの支援物資を寄付してくださった方は東日本大震災を経験され、当時本当に必要だったものを思い返して物資を選んでくださいました。)

【現地を訪れたメンバーのコメント】

実際に自分の目で被災地の現状を見たとき、うまく言葉にできない感覚になりました。

驚きと、怖さの感情しか出てきませんでした。そんな中、必死に復興に励んでいらっしゃる現地の方々、自衛隊の方々の姿を見て、本当に応援しなくてはいけないと再確認させてもらいました。

 

わかさHappy隊からの物資をお届けした際、「本当に助かります。ありがとうございます。」とのお言葉をいただき、少しでも役に立てなのかなと思ったと同時に、中長期的な支援が必要なんだということも再認識いたしました。

プロジェクトリーダー 猪原梢太郎

被災状況を見たとき、東日本大震災の記憶が蘇り、地震速報のサイレンが脳裏によぎりました。

今もまだ、復旧作業ができない地域があり、重機も入らない。その地域にお住いの方は避難所生活です。避難所の前のグランドには瓦礫だらけ。皆さん、普通のマスクではなく工場用のマスクをつけていました。においもきつかったです。

わたし自身、避難所生活を経験していますが、さらにストレスのたまる環境だと感じました。

この経験、目と肌で感じたものをきちんと生かせるようにしていきます。


今回の経験で少しでも多くの人々の支えになりたいという気持ちが増しました。

私たちができる復興支援を精一杯、取り組んでいきたいと思います。

仙台オフィス 辰本夕季

 

2019.10.18

2019年台風19号復興プロジェクト

台風19号の被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げますとともに、1日も早い復旧をお祈り申し上げます。わかさ生活では、この度「台風19号」の被害に遭われたお客様に「何か少しでもできることをしたい」と台風の翌日から社長・角谷をはじめ、入社1年目の社員たちが声を上げ、復興プロジェクトチームをつくり、被災地域へ栄養補助サポートの応援活動を行っています。

======================================

<第1弾支援>

10月30日 新潟・栃木・茨木・埼玉・東京・神奈川・宮城・福島・長野(930件)対象にわかさのマルチビタミンとわかさのミネラルを無償提供

 

11月14・15日 福島・茨城・神奈川・栃木(672件)対象にわかさのマルチビタミン、わかさのミネラルの無償提供を予定

 

11月25日 千葉(700件)対象にわかさのマルチビタミン、わかさのミネラルの無償提供を予定

 

<第2弾支援>

11月25日 新潟・栃木・茨木・埼玉・東京・神奈川・宮城・福島・長野(930件)対象にわかさの鉄とわかさの黒酢三撰、わかさの乳酸菌1000億、グルコサミン&ロコモPROの無償提供を予定

 

12月25日 福島・茨城・神奈川・栃木・千葉(1,372件)を対象にわかさの鉄とわかさの黒酢三撰、わかさの乳酸菌1000億、グルコサミン&ロコモPROの無償提供を予定

 

※台風19号の被害が広域に及んでいるため、わかさ生活のお客様を対象にした支援となります。

======================================

被災された皆様が強い『絆』を築き、乗り越えていかれることを願いながら、わかさ生活は1日も早い復旧をお祈り申し上げ、できることの復旧応援活動を行ってまいります。

​これまでの活動支援

2018年
平成30年7月西日本豪雨災害

被害の大きかった岡山県・広島県にお住まいのお客様へ

サプリメントの寄贈:わかさのマルチビタミン 10,000袋

京都府宮津市被害地域にて清掃活動

2016年
熊本地震

義援金の寄付:熊本市保育連盟 378,758円

 

2014年
京都府福知山市・兵庫県丹波市豪雨

福知山市・丹波市にて現地の清掃活動・救援物資提供

(飲料水15,000本、雑巾20,000枚、タオル20,000枚、マスク13,000枚等)

丹波市:被災された方への家電製品寄贈
(25世帯、380万円相当)
福知山市:福知山市立療育施設「くりのみ園」へ、療育器具寄贈(すべり台、マット等約90万円相当)
福知山市立児童館「堀児童館」へ、わかさ生活のお客様や関係者による書籍寄贈

 

2013年

台風18号(京都府北部) 京都府北部被災者支援

・京都府福知山市での清掃支援活動実施(民家・公共施設の泥除去、がれき処理、ごみ収集)

・義援金の寄付:福知山市3,500万円 舞鶴市1,000万円 綾部市500万円

 

2012年

東北復興支援

・東北支社開所(2017年事務所移転)

 

2011年

東日本大震災・東北復興支援

・義援金の寄付:3億円

・サプリメント寄贈:104,000袋

・現地での支援物資の手配・配送

・雇用支援として、東北支社開所を決定(2012年6月開所)

→2011年8月2日、「被災地の復旧・復興に貢献した企業」として経済産業大臣より表彰状をいただく

 

台風12号 紀伊半島豪雨被災支援

・義援金の寄付:和歌山県:田辺市3,000万円 那智勝浦町2,000万円 新宮市2,000万円 

奈良県:十津川村1,000万円 五條市1,000万円 天川村500万円 

三重県:紀宝町500万円

 

2004年

新潟県中越地震

・義援金の寄付:新潟県中越地震災害対策本部 300万円

・カイロ72万袋の寄贈

・現地での支援物資の手配・配送

  →2006年 国より紺綬褒章・新潟県知事より知事感謝状をいただく

 

台風23号 被災地支援(京都府・兵庫県)

・現地での支援活動

・義援金の寄付:兵庫県豊岡市:100万円

京都府:舞鶴市230万円 大江町:130万円 京丹後市:130万円

            福知山市:130万円 宮津市:130万円 加悦町:50万円

・カイロ・『北欧のブルーベリージュース』寄贈

・被災地の少年野球チームを招いての「少年野球教室」開催(京都府京都市)

→2005年12月、京都府大江町(現 福知山市)より、感謝状をいただく

 

2000年

台湾大震災(921大地震)地震

・義援金の寄付:100万円

 

有珠山噴火

・義援金の寄付:100万円

 

三宅島群発地震・噴火

・義援金の寄付:100万円

iso9001
新_Pマーク.jpg

公益社団法人日本通信販売協会会員
公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
関西日本・フィンランド協会会員
日本ブルガリア協会法人会員