TOP活動内容>盲導犬育成支援

​●盲導犬育成支援への想いときっかけ

視覚障がいがある方にとって、大切なパートナーである盲導犬。盲導犬の不足から必要とされる方々が助けを借りたくても、それが難しい状況にある事実を知り、2003年1月より寄付を継続しています。

また、2004年3月に盲導犬を題材とした映画「クイール」に協賛。毎年4月には本社・支社を構える京都・東京・仙台にてお客様とスタッフで街頭募金活動への参加をしたり、盲導犬協会への見学会を実施し、盲導犬への理解を深めてます。

さらに、​2015年には盲導犬の一生を物語にしたマンガ『盲導犬ベリー』を発行・販売し、盲導犬育成支援に活用しています。

総合受付に飾られた16頭の盲導犬マスコットの画像

2003年からスタートした一縁のeye基金より​

盲導犬育成のために盲導犬協会(関西盲導犬協会日本盲導犬協会)へ

寄付した金額は

​なんと!累計総額 54,010,998と​なり、
盲導犬育成費用(1頭あたり約300万円)に換算すると、

盲導犬18頭分になりました!(2022年5月末時点)

皆さまからのたくさんのご協力、本当にありがとうございます♪

​まだまだ、盲導犬の数が足りない現状です!

​▼各協会への直接の寄付はこちらから

​盲導犬の育成は、皆さまからの寄付により支えられています