TOP活動内容>アイバンク啓発活動

 アイバンク啓発活動への想いときっかけ
 
`rogo.jpg

角膜移植により視力を取り戻せる患者数は、現在日本国内で2~3万人と推定されています。
しかし、移植を受けることができる方は約2千人程度。
まだまだ角膜移植について理解されていないのが現状です。
私たちは「一人でも多くの方が角膜移植を受け視力を取り戻せるように」との想いから、アイバンクへの登録や献眼などの啓発と普及活動に取り組んでいます。
その活動のひとつとして、アイバンクの認知促進・登録件数増加のために、2008年9月より毎年、アイバンクのことをわかりやすく伝える「アイバンクミュージカル」に特別協賛しています。

3.jpg

​アイバンクミュージカル

アイバンクミュージカル『誕生の想い』


事故や病気などで視力を失った人に光を届ける角膜移植。

これまでに多くの人の見ることをサポートしてきました。
わかさ生活は、2008年から

アイバンク協会への寄付やアイバンクの啓蒙として

アイバンクミュージカルの応援を行なってきました。

アイバンクミュージカル来場者数:13,877名
アイバンクへの寄付総額:21,100,121円
(2008年~2019年累計実績)

S__6684714.jpg
2c24940fb7915b9c482f49c0ace6f75a85a573cb

​アイバンクミュージカル「小さな貴婦人」
       2019年~

​アイバンクミュージカル「パパからもらった宝もの」

2008年~2018年

3.jpg

​過去の実績(当日の様子)

 2010年 アイバンクミュージカル 京都(京都会館第2ホール)公演特別協賛 
 2009年 アイバンクミュージカル 京都(京都産業会館シルクホール)・東京(東京都児童会館)公演特別協賛 
 2008年 アイバンクミュージカル 『パパからもらった宝もの』東京(新宿文化センター)初公演協賛