TOP活動内容>障がい者支援

​●障がい者支援への想いときっかけ
 

2002年12月、京都の視覚障がい者施設(京都ライトハウス)が建物の老朽化による建て替えの資金不足で、寄付金を懇願されているのを知り、支援を始め、現在も継続しています。
また、このことをきっかけに2003年1月より社会貢献活動の礎となる「一縁のeye基金」をスタートし
様々な活動や寄付のために活用しています。

現在では、京都ライトハウスのほか、障がい者施設への支援や社会経験のない視覚障がい者を対象とした自立支援就業サポート」を行なっています。

​【主な支援内容】

障がい者施設への支援

 

ご縁のある障がい者施設に対して、施設利用者の方の自立と社会参加を目的とした支援を行っています。

「京都ライトハウス」への寄付、寄贈。

京都府福知山市の障がい者施設でのブルーベリー委託栽培。(こちらで栽培されたブルーベリーはひとみ元気教室にも使用しています。)

社会福祉法人「なづな学園」、「京都市山科障害者授産所」でのオリジナルグッズ制作をしています。

京都市山科障害者授産所制作「一筆箋」

盲学校生徒さんたちへの職場見学会の実施

 

「視覚障がい者の方が本当に必要としている支援をしていきたい」という想いから、2014年1月より自立支援就業サポートがスタートし、職場見学会も実施しています。

この支援は、社会経験のない視覚障がい者を対象にわかさ生活の社内で就業体験を行なったり、視覚障がい者の働く現場を見学し、実際の就業イメージを持つサポートをしています。。

職場体験を通して自分への可能性に気づき、社会参加への意欲向上、夢の実現を目指すきっかけになるよう、また、自分の可能性は自分で広げていけるんだということに気づくきっかけにもなるように継続的に実施をしています。

MicrosoftTeams-image (2).png
MicrosoftTeams-image (3).png

職場見学会の様子

​(滋賀県立盲学校様 2022年7月)